2012年12月01日

ミサンガサイズの見方と選び方

★サイズの見方と選び方

ミサンガの結びひもは、通常のタイプの他に、片方が輪になったものがあります。


・通常タイプ
ミサンガのサイズ1


・片方が輪のタイプ(結びひもを輪に通してから結びます)
ミサンガのサイズ2



手首に巻き結べるかどうかは、全長サイズを参考にします。
お手持ちの紐で同じ長さの物があれば、
自分で結ぶことが出来るか確認するのもよい方法です。

また、飾り結び部分の長さが、ご自分の手首サイズに合っていれば、
手首に沿ってぐるりと巻き飾ることが出来ます。
しかし、飾り結び部分が短かいと、手首に少ししか巻けませんし、
長いと手首にピタリと合わずに、ゆるくなります。



ミサンガには、平タイプのミサンガと、丸タイプのミサンガがあります。

平ミサンガは、手首にピタリと合わせて着けるので、
飾り結び部分が手首よりも1cmほど短いものを選びます。
これは結び目部分を考慮してのものです。

丸ミサンガは、ブレスレットのように、ややゆとりをもたせて着けられますので、
飾り結び部分の長さが、手首サイズと同じか
もしくはやや大きめのものをお選びください。
ぴったり着けたい場合は、平ミサンガと同じようにやや短めをお選びください。


・平ミサンガ
平ミサンガ

・丸ミサンガ(巻きタイプやねじり結びなど)
丸ミサンガ




アンクレットの場合

アンクレットとして着ける場合のサイズ選びは、
着ける位置やミサンガのデザインにより異なります。

くるぶしより上に平ミサンガを着ける場合は、
飾り結び部分の長さがやや短めの物を選びます。
くるぶしより下に着ける場合は、歩行の際に足首が動くことによって、
ミサンガがゆるく感じたりきつく感じたりしますので、
サイズには余裕を持ってお選びください。

アンクレットミサンガを着けた際に、
余った結びひもがエスカレーターなどに巻き込まれないように気をつけましょう。
結びひもが長すぎる場合は、自分に合ったサイズにカットしてください。





ミサンガ&アクセサリーショップ【COCO☆KIKI】では
いろいろなミサンガやアクセサリーを格安で販売しております。
商品数は常時100を超える品揃え。
ぜひあなたのお気に入りを見つけてくださいね☆

ショップへはバナーをクリック♪(^-^)/
       ↓ ↓ ↓
COCOKIKI ショップバナー.png



posted by cocokiki at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ミサンガについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。